エビオス錠の効果 その01~胃もたれ、消化不良~

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 エビオス錠の効果・効能

vb1

胃もたれ・消化不良はビタミンB1不足が原因の1つ

ビタミンB1とは

ビタミンB1は別名チアミンと呼ばれ、糖質の代謝に必須となる栄養素です。白米(糖質)を主なエネルギー源としている日本人にとっては、特に重要なビタミンとなります。皮膚などの粘膜の健康維持や脳神経の働きにも関係しています。

ビタミンB1の効果・効能

糖質(炭水化物)は代謝の過程でブドウ糖→ピルビン酸→アセチルCoAに変換されます。このアセチルCoAからエネルギー物質が作られるわけですが、ビタミンB1はピルビン酸をアセチルCoAに変換する際に働きます。つまり、ビタミンB1は糖類をエネルギーに変換する際に必須となる成分なのです。

また、脳が正常に動作するには大量のエネルギーが必要です。脳の活動エネルギーはブドウ糖のみから作られますが、ビタミンB1はブドウ糖の代謝を助けるため、脳の働きを保つ役割も持っているのです。

スポンサーリンク

ビタミンB1が不足するとどうなる?

ビタミンB1が不足すると、エネルギー不足に陥って消化器系や神経系の不調が起こり、その結果胃もたれ消化不良などの症状が現れます。また、ビタミンB1が欠乏するとピルビン酸がアセチルCoAにならないまま残ってしまいますが、ピルビン酸は疲労感の原因となるため疲労を感じやすくなります。

さらにビタミンB1不足が進行すると、脳の中枢神経に障害が発生したり、脚気が引き起こされることもあります。

ビタミンB1不足の原因は?

まず第一に考えられるのがお酒の影響です。アルコールは体内で分解する際にビタミンB1を消費するため、エネルギーの代謝に回す分のビタミンB1が足りなくなってしまいがちです。血中アルコール濃度が高くなるほど体内のビタミンB1消費量も多くなります。

また、食事のバランスが乱れている人、特にファストフードや清涼飲料水、お菓子中心の食生活になっている人は、ビタミンB1が足りなくなってしまう場合があります。

さらに、ビタミンB1は水溶性なので、尿から排泄されてしまいます。お酒はもちろん、コーヒーなどの利尿作用の高い飲み物を好んで飲んでいると、ビタミンB1が体から流れ出してしまいやすくなります。汗からもビタミンB1は出ていってしまうので、汗をかくスポーツや仕事をする機会が多い人も注意が必要です。

ビタミンB1の摂取方法

ビタミンB1の必要量は性別や年齢によって若干異なりますが、おおむね1~1.5mg/1日摂取すればよいです。成人男性はエネルギー消費量が大きいので、多めのビタミンB1を摂っておくとよいでしょう。

ビタミンB1は豚肉や大豆、しいたけなどに多く含まれており、例えば豚肉100グラムにつきビタミンB1が1mg含まれています。基本的に野菜にはそれほどビタミンB1が含まれていないので、豚肉か大豆製品を大目に摂るとよいでしょう。なお、玄米にはビタミンB1が多く含まれるので、白米から玄米に切り替えるのはおすすめです。

お酒を飲むのが好きな人は、つまみを食べずにお酒ばかり飲んでいるとビタミンB1が一気に不足します。なるべく豚肉や大豆の料理を酒の肴にするようにしましょう。

なお、ビタミンB1は水溶性で尿から体外に出て行きやすいので、毎日定期的に摂取する必要があります。

エビオス錠の効果

エビオス錠30錠(1日分)にはビタミンB1が0.72mg含まれています。1日分をカバーするにはやや足りませんが、日ごろの食事でビタミンB1が不足している場合のサポートとしては十分です。日ごろから胃もたれや食欲不振が起こりやすいようなら、ビタミンB1不足の恐れがありますが、エビオス錠を服用してビタミンB1を補うことで回復する可能性があります。

関連記事

ebios_effects03

エビオス錠の効果 その03~飲みすぎ・二日酔い~

エビオス錠の効果 その01~飲みすぎによる吐き気、二日酔い~ 飲酒と吐き気、二日酔いのメカ

記事を読む

ebios_effects02

エビオス錠の効果 その02~栄養補給~

エビオス錠は体に必要な栄養素を多数含んでいる 必須アミノ酸の補給に最適 体に必要な栄

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑